遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、協議の成立を証明し、財産の名義変更をするために、必要となります。
これを作らなかったために、あとあと相続人の間でもめてしまうこともあります。


 

相続人を確定して、すべての遺産を調査した上で、遺産分割協議をすることになります。


 

遺産分割協議とは、相続開始により法定相続人の共有となった遺産を、個々の相続人の財産に分けるための話し合いを指します。
遺産分割協議がまとまれば、相続人全員のものであった遺産が、相続人ひとりひとりの個人の所有物になります。
遺産分割協議書とは、この協議の内容を記載した正式な文書です。


 

遺産分割協議書によって、対外的には誰が何を相続したのかを主張することができます。
またその反面、各相続人は遺産分割協議書に拘束され、撤回することができません。
万一、遺産分割協議書を書きかえる場合には、相続人全員の合意が必要となります。


 

遺産分割協議書の作成が完了すると、各種の名義変更をスムーズに進めることができます。

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書には法律的に決められた書式はありませんが、いくつか注意点があります。

 

 1.遺産分割協議は法定相続人全員で行わなければ効力が
  ありません。

  ※戸籍の調査が重要です。あまり好ましくありませんが、
   故人の隠し子がいた、ということも現実にはあります
   ので、あくまで戸籍で相続人を確定することが必要で
   す。

  ※全員が承諾した事実があればそれでよく、全員が一堂
   に会して協議することまでは要求されません。

  ※相続人があちこち遠方に住んでいる場合などには、遺
   産分割協議書(案)を人数分作成し、その内容でよけ
   れば実印を押してもらうといった方法が取られること
   もあります。

 2.法定相続人全員が、署名・実印の捺印をしてください。

   ※厳密には署名ではなく記名・押印でもかまいません
    が、後々の紛争・トラブルを防ぐためにも署名して
    ください。

   ※印鑑は実印を使わないと、不動産登記や銀行手続き
    ができません。

 3.財産の記載方法に注意してください。

   ※特に、不動産の場合、住所ではなく登記記録どおり
    の表記にしてください。銀行等は、支店名・口座番
    号まで書いてください。

 4.遺産分割協議書が複数枚になる場合には契印をしてくだ
  さい。

   ※法定相続人全員の実印で契印してください。

 5.印鑑証明書も一緒に保存してください。

   ※遺産分割協議がそれぞれの相続人の意思に基づいて行
    われたことを証明するためです。
    これがないと、不動産の名義変更、銀行の手続きなど
    を行うことができません。

 

以上が、遺産分割協議書を書く上での基本的なポイントとなります。

▲このページのトップに戻る